SPECIAL

STAFF INTERVIEW

鳥越 栞

クリエイティブ事業部 仕上げルーム

短い時間で丁寧な作業ができるように心がけています

色の繊細さや表現に感動し、仕上げ志望に

色の繊細さや表現に感動し、仕上げ志望に

当初は作画の道に進もうと専門学校に入学しましたが、在学中に同級生に勧められた『ソードアート・オンライン』と『四月は君の嘘』を観て、色の繊細さや表現に感動し、仕上げの仕事をしたいと思いました。
CloverWorksは好きな作品を多く制作しており、目指していた会社のひとつでしたので、新卒採用の応募が出てすぐに準備しました。採用試験中は連絡もこまめにくださり、面接時もひとりひとりをしっかり見てくださっていたので、とても緊張して臨んだ面接もいつの間にか楽しくなっていました。試験を通して会社や働いている方々の雰囲気がいいなと思っていたところ、内定をいただいたので入社を決めました。

CloverWorksはとても居心地がいい場所

CloverWorksはとても居心地がいい場所

入社してからも仕上げ部のみなさんはもちろん、他部署の方も声をかけてくださって、とても居心地がいいです。先輩方とは仕事の話はもちろん、共通の好きなゲームやアニメの話もさせていただきます。同期とは同じ作品の仕事をする機会が少ないので、休憩時間や挨拶を交わす際に、お互いの仕事の状況を話すことが多いです。
私は入社して約2年ですが、その間で特に印象に残っているのは、原作のファンでもあった『約束のネバーランド』に参加できたことです。大好きだった『すべてがFになる』と同じ神戸守さんが監督ということもあり、ご一緒できることが嬉しく、かかわれたことに感謝しています。

なるべく短い時間で丁寧な作業ができるように

この仕事にやりがいを感じるのは、アニメ業界とは関係ない分野で働く友人や家族から、「会社の作品を観たよ」とか、「応援しているよ」といった連絡をもらえたときです。それほど多くの部分にかかわれているわけではありませんが、そういうときは「きつい作業もあったけど、頑張ってよかったな」としみじみ思います。
一方、大変だなと感じるのは、素早く作業したいと思う反面、キャラクターのパーツが複雑だったり、初めて作業する内容だったりして思い通りにいかないときです。また、放送を観ると丸1日作業したものが一瞬で終わることもあるので、たまに苦笑します(笑)
そんな中でも、なるべく短い時間で丁寧な作業ができるように心がけています。仕上げ検査の方々に見ていただいたとき、特に直さずに撮影さんに提出していただけるようなカットを出すことが課題だと最近改めて思っています。

外部からの刺激を受けることを大切にしている

外部からの刺激を受けることを大切にしている

私生活では、仕事を機にはじめて一人暮らしを始めたので、仕事をしながら家事をする大変さを身をもって知りました。学生のときとは違い、生活する上で知らなかったことも多く、社会人としての責任の重さも自覚しました。また、休日には友人と美味しいものを食べに行ったり、関東のさまざまな観光地に足を運んだりして気分転換をしています。そういった体験から刺激を受けることも大切にしています。
今後の目標としては、まず先輩方のような色指定・検査になれるようミスを減らし、1枚でも多く塗りの作業ができるようになりたいです。そして、将来は同期や学生時代の同級生と一緒にひとつの作品を作ってみたいなと思っています。

自分の目でさまざまなものを観察することが大切

自分の目でさまざまなものを観察することが大切

学生時代、私は作品集の制作をする際に担任の先生から、実際に自分の目でさまざまなものを観察することが大切だと教わりました。人物だけではなく、食べ物や動物、日用品や自然物など、作品集に入れるために、時間があるときを見つけて街中を歩きました。アニメ業界への就職を目指す皆さんも、そうしたことを心がけてみてはどうでしょうか。
また、もし携わりたい作品、働きたい会社があれば、積極的に見学したり、業界で働いている先輩に話を聞いてみてください。想像と違い、楽しいことばかりではないかもしれませんが、覚悟をもって目指せるものを見つけられたら、それはとても素晴らしいことだと思います。
私もたくさん悩み迷いましたが、今、CloverWorksで働けていることに感謝しています。いつかみなさんと同じ作品でかかわれることを楽しみにしています。

PHOTO GALLERY
『約束のネバーランド』作業前(動画)
『『約束のネバーランド』作業後(仕上げ済み)
『約束のネバーランド』作業前(動画)
『約束のネバーランド』作業後(仕上げ済み)
『青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない』作業前(動画)
『青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない』作業後(仕上げ済み)
©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会
©2018 鴨志田 一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタ Project
  • INTERVIEW LIST

INTERVIEW

  • 2020.3.2

    工夫や頑張りがそのまま画面に出るのが魅力です

    2020.3.2

    工夫や頑張りがそのまま画面に出るのが魅力です
  • 2020.3.2

    短い時間で丁寧な作業ができるように心がけています

    2020.3.2

    短い時間で丁寧な作業ができるように心がけています
  • 2020.3.2

    好みや解釈よりカットに込められた意図を優先させたい

    2020.3.2

    好みや解釈よりカットに込められた意図を優先させたい